time's848

time's848

夏のメインイベント

夏のメインイベント 8月に入り学生は夏休みまっただ中、夏のイベントがもりだくさんで日々楽しんでいることと思います。夏のイベントの一つで外せないのが「夏祭り」ですね。屋台が並び、浴衣を着て歩く、出店で買った焼きそばなどは普段より不思議とおいしく感じるものです。
元々夏祭りには”鎮魂”の意味が込められており、「年が明けてからの半年の無事を祝い、災いが起きないように鎮める」これは夏が台風・日照り・疫病等の災害が起きやすい気候であったことと関係していたようです。
有名な京都の「祇園祭」も、平安時代に流行した疫病の原因が荒ぶる死者によって引き起こされていると考えられ、行われたのが始まりです。
当時のお祭は盛大に行うことで、より大きな力が得られるという考えもあったため、踊りや山車などで盛大に行われていました。前日の夜も神霊の力をより強く引き起こせると考えられていたことから非常に盛大に行われていたようです。
近年では諸事情により中止になってしまうものもあり、一昔前ほどの盛り上がりはないのかもしれませんが、日本の良い風習として永く受け継がれていってほしいものです。