time's848

time's848

食卓の主役❢

食卓の主役❢ 冬に恋しくなるものと言えば「鍋」ですね!もつ鍋やチゲ鍋、最近ではミルフィーユ鍋やコラーゲン鍋などバラエティにとんでいます。しかし鍋の源といえばやはり「ちゃんこ鍋」でしょう。ちゃんこ鍋といえば相撲部屋のイメージが強いかと思います。
もともと「ちゃんこ」というのは鍋の種類ではなく力士やレスラーが食べるものを指していて、彼らが食べるものはおにぎりや鯖の味噌煮なども「ちゃんこ」と呼ばれます。
相撲部屋で鍋を食べるようになったのは明治時代。
十九代横綱 常磐山の出羽海部屋が相撲部屋のちゃんことして鍋をメインの食事にしたことが始まりです。
力士はとにかくよく食べますし、食べることも仕事です。
入門者が殺到した当時の出羽海部屋では普通の配膳では食費が非常に高く、また大量に作る調理の手間も、その後の片付けにも多くの時間がかかっていました。
ところが鍋なら、大人数の力士が食べても費用面も経済的で、調理する手間も簡単です。さらに、栄養バランスも良い理想の食事であり、それから各部屋にちゃんこ鍋が広まり始めました。
今では、相撲界ならず、プロレス団体でもレスラーがちゃんこ鍋を囲んでいます。
名前の語源は親方を「父親=ちゃん」弟子を「子=こ」とし、親方と弟子で一緒に食べることからその名になったそうです。
いつの時代も食事は1人よりも大勢が楽しいものですね!