time's848

time's848

おもしろ実験

おもしろ実験 最近メディアなどで「脳科学」という言葉をよく耳にする。
これに関するなかなか面白い実験が行われているようなので紹介したい。

≪マシュマロ実験≫
4歳児の前にお菓子を置き15分放置する。
食べたかったら食べても良いが、15分待てたらもう一つマシュマロをあげるよ、という実験である。
すぐに食べてしまう子もいるが、3割くらいの子供は最後まで待ったそうだ。
1分以内に食べてしまった子は将来犯罪を起こす傾向が高かったらしい。
ようは衝動を我慢することができない、ということらしい。
成績に関しても「待てた」子のほうが200点以上高かったそうだ。
さらに年収も「待てた」子のほうが高かった。

≪コーラ≫
コカ・コーラ、ペプシコーラをコップに注ぎどちらが美味しいかをアンケートにとる。
大半の人が「ペプシコーラ」を選ぶらしい。
今度は企業のラベルを見せ、どちらが美味しいかを聞く。
そうすると大半の人がコカ・コーラを選択するようになるらしい。
これはワインでも同じ結果が得られ、高いワインのボトルに安いワインを注ぐと人は味を判断できなくなる結果が出ている。
味覚はラベルに影響されやすく、人は正確な判断などできないことが証明されているのだ。

≪大統領候補者≫
大統領候補者であるヒラリークリントンの写真を見せたとき、男女の脳はどういう反応を示すのかを調べた実験もある。
女性は共感を示し、男性は嫉妬の反応を示すらしい。
しかし同氏のスピーチを見せたあと同じ質問をすると、男性の脳みそも共感に変わるそうだ。
このことから男性は表面的に物を捉え嫉妬深い生き物であることが分かる。

上記の結果は必ずしも全員が全員そうではないが、「人間とはこういった生き物である」ということを示す面白い実験だと思う。
自分自身を知るデバイスにもなり得るので、興味があったら調べてみると良いだろう。